ガラスコーティング後に水垢・雨染みが出来る原因、その対処法とは?

小見出し

ガラスコーティングによって、 艶々の輝きと気持ちの良い水弾きを得た愛車のボディ。  

しかし、ある時ふと気づくと、 ボディに無数の水垢や雨染みが付いていたということがあるかもしれません。

 「ガラスコーティングしたはずなのに、なぜ…!?」

「ガラスコーティングの効果がもう無くなってしまったのか…!?」

  そのように思われるオーナー様もいらっしゃることでしょう。

  なぜ、コーティングしたボディに水垢や雨染みが付いてしまうのでしょうか? また、そういった時はどのように対処すれば良いのでしょうか?  

そんな水垢・雨染みが出来る原因とその対処法について、 ガラスコーティングの専門店が解説します。

ガラスコーティングしたのに… 水垢・雨染みが出来る原因とは?

そもそも、ガラスコーティングを施した車のボディに、 水垢や雨染みが付くのでしょうか?  

結論から言うと、”あり”ます。でも、なぜなのでしょうか?   

それは、ガラスコーティングは、確かにボディを保護する保護膜であり、 それによって汚れが付きにくく落としやすくはなりますが、 まったく付かなくなるというモノではないからです。

また、ガラス成分を主体とするガラスコーティングは、 そもそも「イオンデポジット(初期の雨染み)」が付きやすい性質を持っています。

コーティングに含まれるガラス成分も、雨水などに含まれるミネラル分も、同じ無機質の物質のために、もともと結合力が強い傾向にあります。ですから、ガラスコーティングを施したからといって、 水垢や雨染みがもう付かなくなるということでは決してありません。

 洗車やメンテナンスをしなければ、 コーティング施工後も愛車はどんどん汚れてしまいます。

美容室2

水垢や雨染みが付いてしまう要因・要素
  どんなことを挙げることができるでしょうか?

3つ挙げてみたいと思います。

  • メンテナンスの不足


    コーティングしたからといって、 メンテナンスが不要になるわけではありません。

      紫外線、花粉、鳥糞、大気中の汚れ、酸性雨など、 いつも様々な外的要素に、車のボディそしてコーティング被膜はさらされています。

    そして、そういったものの中には、水洗いだけでは取り切れず、 メンテナンス剤を用いて除去しなければ取れないものもあります。

    ですから、たとえ水洗い洗車を頻繁に行っていたとしても、 ボディに水垢や雨染みが付いていたら、 それは「メンテナンス不足」の合図です。

  • 雨の日の後の洗車


    雨の中には、カルシウム・マグネシウムなどのミネラルや、 大気中の塵・埃・光化学スモッグなどの化学物質が含まれています。そういった物質・成分は塗装面やコーティング被膜に影響を与え、ボディに雨染みとして固着してしまう恐れがあります。夏の時期などはゲリラ豪雨などが発生することがありますが、 気温も高く日射熱も強いこの季節では、 雨が降った後すぐにボディについた水滴は乾燥してしまいます。

    日常の中で雨の後すぐに洗車するというのは、実際なかなか難しいところですが、 でもこれが水垢や雨染みが付いてしまう要因の一つです。

  • 洗車・メンテナンスの拭き上げが不十分


    雨だけでなく、水道水や井戸水などにもミネラル分は含まれています。また、水道水には塩素(カルキ)が含まれています。こういった成分は、水分が蒸発・乾燥する時に残存・結晶化し、 ボディに固着する可能性があります。ですから、洗車・メンテナンスする際、最後のボディ全体の拭き上げが不十分だと、 せっかく洗車したのにシミが出来てしまったということになりかねないのです。

水垢・雨染みが出来てしまった時の対処法とは?
コーティングしたボディに水垢や雨染みが付いてしまった時は、 どのように対処すれば良いのでしょうか?

コーティング被膜に付着する雨染みというのは、大きく分けて2種類あります。

ダウンロード (9)

イオンデポジット(初期の雨染み)

雨水や水道水などが乾燥・蒸発する時に、その水分に含まれていたミネラル分などが残留することで出来る染みのことです。

ボディに付着すると、水洗いでは取れない場合もあります。

とはいえ、まだボディ表面に付着している段階(初期の雨染み)なので、イオンデポジット除去剤などを活用することによって取り除くことができます。 ただし、イオンデポジットクリーナーなどは比較的強めの溶剤なので、取り扱いには注意する必要があります。

クリーナーの成分がボディに残ると、コーティング被膜を傷める恐れがありますので、クリーナーをボディに塗布した後は、十分な量の水で洗い流すことをお勧めします。

不安であれば、プロに任せることをお勧めします。

ダウンロード (10)

ウォータースポット

先ほどのイオンデポジットの進行形になります。イオンデポジットを除去せずそのままにして置くと、ボディに水分が付着した時にその残留物が壁の役割を果たすようになります。そうなると、その壁によって流れ落ちなかった水分が蒸発する時に、またそのミネラル分が残留し、堆積することになります。そのようにして蒸発と堆積を繰り返すことにより、より強固な固着物としてボディに存在するようになるのです。 加えて、このような残留物の中には、花粉や黄砂などのアルカリ性物質や有機酸も含まれています。これらは、コーティング被膜はおろか、塗装面にまで侵食して融解させます。こうなると、クリーナーなどの溶剤では歯が立たず、基本的には研磨によってウォータースポットを除去し、塗装表面を復元することになります。

ご自身でウォータースポットを除去するというのはとても難しいため、コーティング専門店での研磨復元作業をお勧めします。

愛車のボディに水垢や雨染みが付かないようにするために
・定期的な洗車とメンテナンス

・洗車・メンテナンスでのボディの拭き上げをしっかりと

やはり定期的な洗車とメンテナンスです。 当たり前のこととはいえ、水垢や雨染みを固着させないためには、これが一番の対策なのです。

時には洗車やメンテナンスが億劫になることもあるかもしれませんが、 コーティングによる「洗車の楽しさ」をぜひとも味わっていただきたいと思います。   また、水洗いだけではなく、 最低でも1か月に1回は「しっかりメンテナンス」を行いましょう。

コーティング被膜に付着した水垢や雨染みは、 付着してからさほど時間の経過していない初期の段階であれば、 メンテナンス剤でしっかりと落とすことができます。


洗車・メンテナンスでのボディの拭き上げをしっかりと行うということです。

雨染みの原因となるのは、雨水だけでなく水道水も含まれます。

洗車・メンテナンスでイオンデポジットを除去したとしても、 最後のボディの拭き上げが甘ければ、またそれが付いてしまうことになります。それで、最後の最後まで気を抜かずに、水分をしっかりと拭き上げましょう。 それが、結果的に大きな違いを生むのです。

ガラスコーティングを施したお車であっても、メンテナンスを行わなければ、水垢や雨染みは付くものです。

でも、原因をしっかりと把握して実際に対策を施せば、キレイなボディ状態を長期間に渡って維持することができます。


それでも、洗車・メンテナンスが億劫になることもある思います。

その時は、プロの洗車・コーティング専門店を頼ってみるのも一つの方法かもしれません。


外敵から守り、 美しさを際立たせる

車の外装に微細な膜を形成し、
外部のダメージや汚れから車を守ります。

お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~18:00
営業日:不定期 Instagramに投稿

Access


S.Lab Auto Detail

住所

〒520-0525

滋賀県大津市小野119-4

Google MAPで確認する
電話番号

090-8799-1894

090-8799-1894

営業時間

10:00~18:00

営業日

不定期 Instagramに掲載

代表者名 居場 大輝
店舗詳細
店舗詳細を見る
「人から羨ましがられるような車にしたい」「頻繁に車を使うのできれいにしておきたい」といったお客様のご要望やお気持ちにお応えして、車やバイクのガラスコーティングを行う事業を展開しております。近くにお住まいの方も遠方からご来店いただく方も歓迎しております。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム

    Related

    関連記事